ユズ、シャコバサボテン、キク(白-赤ー黄ー桃色)
I.C.P.O通信

I.C.P.O(一宮市民パトロール隊)通信は
一宮市・一宮警察署が発行しています。




主な掲載内容
  • 犯 罪 情 勢 (一宮警察署管内)
  • 防 犯 ワ ン ポ イ ン ト
  • 一宮市内(校区別)の犯罪発生状況

西成連区における街頭犯罪等(重点罪種)発生状況
平成28年11月現在

12月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では車上ねらいが1件増加しています。
 また、西成東学区では車上ねらいが1件増加。瀬部学区ではオートバイ盗が1件、部品ねらいが3件増加。赤見学区では車上ねらいが1件、強盗が1件増加。浅野学区では自転車盗が10件、車上ねらいが13件、部品ねらいが5件増加しています。
 年末年始は、帰省や旅行で留守の家が多くなり、ドロボウが盗みを行う絶好の機会となってしまうため、ドロボウに入られないよう、全ての窓にしっかりと鍵をかけることはもちろん、ドロボウに留守を悟られないために新聞の営業所や郵便局に事前に依頼して新聞や郵便物の配達を止めておきましょう。
犯罪情勢など(131KB)
一宮署校区別(312KB)
西成連区(573KB)
11月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では車上ねらいが1件増加しています。
 また、西成東学区では車上ねらいが1件増加。瀬部学区ではオートバイ盗が1件、車上ねらいが2件、部品ねらいが3件増加。赤見学区では強盗が1件増加。浅野学区では自転車盗が10件、車上ねらいが12件、部品ねらいが4件件増加しています。
 これから年末にかけて、大金を取り扱う機会が増えることが考えられますが、自宅や車内に大金を置いたままにすることは危険です。また、現金を持ち歩く際はひったくりにも要注意です。ドロボウは優雅な年越しをするために獲物を探しています。
犯罪情勢など(175KB)
一宮署校区別(303KB)
西成連区(579KB)
10月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では車上ねらいが2件増加しています。
 また、西成東学区では車上ねらいが1件増加。瀬部学区ではオートバイ盗が1件、車上ねらいが3件、部品ねらいが3件増加。赤見学区では侵入盗が1件増加。浅野学区では自転車盗が11件、車上ねらいが11件、部品ねらいが2件、自動販売機ねらいが1件増加しています。
 車上ねらいが増加傾向にあります。現金や貴重品でなくても、ドロボウには狙われて、車の窓やドアなどを壊されてしまいます。車内には絶対に荷物を置かないようにしましょう。
犯罪情勢など(163KB)
一宮署校区別(1.14MB)
西成連区(566KB)
9月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では車上ねらいが1件増加しています。
 また、西成東学区では侵入盗が9件、車上ねらいが1件増加。瀬部学区ではオートバイ盗が1件、車上ねらいが3件、部品ねらいが3件増加。赤見学区では強盗が1件増加。浅野学区では自転車盗が11件、車上ねらいが6件、部品ねらいが2件増加しています。
 依然多くの自転車が盗まれています。自転車が盗まれている場所は駅など駐輪場だけではありません。ご自宅の駐車場からも多く盗まれています。自宅の敷地内でも油断しないでカギをかけてください。
犯罪情勢など(168KB)
一宮署校区別(357KB)
西成連区(553KB)
8月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では車上ねらいが1件増加しています。
 また、西成東学区では車上ねらいが1件増加。瀬部学区では自動車盗が1件、オートバイ盗が1件、車上ねらいが3件、部品ねらいが3件増加。赤見学区では強盗が1件増加。浅野学区では自転車盗が7件、車上ねらいが6件、自動販売機ねらいが1件増加しています。
 自転車が盗まれている場所は駅など駐輪場だけではありません。ご自宅の駐車場からも多く盗まれています。自宅の敷地内でも油断しないでカギをかけてください。
犯罪情勢など(130KB)
一宮署校区別(300KB)
西成連区(561KB)
7月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では、車上ねらいが1件増加しています。
 瀬部学区では自動車盗が1件、オートバイ盗が1件、車上ねらいが3件、部品ねらいが3件増加。赤見学区では強盗が1件増加。浅野学区では自転車盗が5件、車上ねらいが5件増加、自動販売機ねらいが2件増加しています。
 5月は市役所の職員を騙った還付金詐欺が多発して、本年6月末現在で被害の総額は、約1億4,000万円にのぼっています。「携帯電話番号が変わった」「還付金手続きをATMで」「現金をレターパックで発送してほしい」という言葉は、絶対に詐欺です。まず、ご家族へ確認してください。
犯罪情勢など(294KB)
一宮署校区別(344KB)
西成連区(570KB)
6月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では、侵入盗が1件、車上ねらいが1件増加しています。
 また、西成東学区では住宅対象の侵入盗が1件、車上ねらいが1件増加。瀬部学区では侵入盗が6件、自転車盗が1件、オートバイ盗が1件、車上ねらいが3件、部品ねらいが3件増加。浅野学区では侵入盗が14件、自転車盗が5件、自動販売機ねらいが2件増加しています。
 オレオレ詐欺、警察官や市役所の職員を騙った還付金詐欺、株や不動産の購入に関して「名義を貸してほしい」と迫る架空請求詐欺などの特殊詐欺が目立ち、本年5月末現在で被害の総額は、約1億2,750万円にのぼっていますので注意しましょう。
犯罪情勢など(134KB)
一宮署校区別(346KB)
西成連区(509KB)
5月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では、自動車盗が1件増加しています。
 また、西成東学区では住宅対象の侵入盗が1件、車上ねらいが1件増加。瀬部学区では侵入盗が1件、自転車盗が1件、車上ねらいが1件、部品ねらいが2件増加。浅野学区では自転車盗が4件、車上ねらいが5件、自動販売機ねらいが2件増加しています。
 携帯用音楽プレイヤーを聴きながらなどの歩行は注意力が散漫して大変危険です。ひったくりに遭わないように、3つのB「バッグ、バック(後ろ)、バイク(犯人が使っている)」には気をつけてください。
犯罪情勢など(170KB)
一宮署校区別(340KB)
西成連区(545KB)
4月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では、自動車盗が1件、部品ねらいが1件増加しています。
 また、西成東学区では住宅対象の侵入盗が1件、車上ねらいが1件、自動販売機ねらいが1件増加。瀬部学区では侵入盗が1件、自転車盗が1件、部品ねらいが1件増加。赤見学区では住宅対象の侵入盗が1件増加。浅野学区では侵入盗が2件、自動車盗が4件、自転車盗が8件、車上ねらいが3件、部品ねらいが2件、自動販売機ねらいが1件増加しています。
 ゴールデンウィークを迎え、長期のお出かけを予定されている方は、一度ご自宅の防犯対策を見直してみてはいかがですか。ご自宅内で鍵が破損している扉、窓がないか確認してみましょう。
 ドロボウが嫌う防犯の4原則「時間・光・音・地域の目」を地域に広めてドロボウを撃退しましょう。
犯罪情勢など(189KB)
一宮署校区別(486KB)
西成連区(559KB)
3月号  西成連区では、前年と比べ西成学区では、自動車盗が1件増加しています。
 また、西成東学区では住宅対象の侵入盗が1件増加。瀬部学区では自転車盗が1件増加。赤見学区では住宅対象の侵入盗が1件増加。浅野学区では自動車盗が2件、車上ねらいが2件、部品ねらいが1件増加しています。
 侵入盗の被害から身を守るために、防犯の4原則を紹介します。
 ドロボウは、時間・光・音・地域の目の四つを嫌い、嫌がります。
 「時間」は、ドアや窓に補助錠を取り付けたり、防犯性能の高い建具を利用することで、ドロボウが建物内に侵入するまでの時間をかけさせ、犯行をあきらめさせることです。
 「光」は、センサーライトや門灯などで家の周りを明るくして、ドロボウが侵入しにくい環境をつくることです。
 「音」は、ドアや窓にアラームを付けたり、家の周りに玉砂利を敷くなどして音で威嚇してドロボウの侵入を防ぐことです。
 「地域の目」は、住民同士で挨拶を交わしたり、地域の事柄に関心を持つことです。地域の人にジロジロ見られたり声を掛けられることで、犯行をあきらめるドロボウもたくさんいます。
 「時間」「光」「音」「地域の目」の対策を組み合わせて、ドロボウを撃退しましょう。
犯罪情勢など(608KB)
一宮署校区別(654KB)
西成連区(556KB)
2月号  本年に入り2ヶ月が過ぎようとしています。
 西成連区では、前年と比べ瀬部学区では、自転車盗が1件増加しています。
また、赤見学区では住宅対象の侵入盗が1件増加。浅野学区では自転車盗が1件増加しています。
 犯罪の増加傾向が気になりだした今の時期だからこそ、皆様ひとり一人が今一度、確実にカギかけを行うなど、犯罪の被害に遭わないよう自己防衛を心がけましょう。
 また、振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の件数が昨年1年間で36件と、前年より1件増加し、その被害総額は約1億4千万円と前年の2倍近くになっています。
 詐欺の犯人は、息子や孫の家族を騙ったり、公的機関の職員を装ったりして電話をかけ、お金を騙しとろうとしますが、詐欺の被害に遭わないためには、電話の相手が偽者であることをいかに見破ることができるかが大きなポイントになります。
 詐欺の電話にそなえて、あらかじめ家族にしかわからない「合言葉」を決めておいたり、普段からよく家族でコミュニケーションをとり、電話の相手が本当は家族ではないと気付くことができる「気付きポイント」をたくさん増やしておくことが大切です。
犯罪情勢など(308KB)
一宮署校区別(176KB)
西成連区(556KB)
1月号 昨年1年間の一宮市内の刑法犯の認知件数は3,742件で、一昨年より55件減少しています。
西成連区では、昨年1年間に259件の犯罪が発生しました。件数は一昨年と比べて76件減っています。
 全ての犯罪が減少しているわけではありません。住宅対象の侵入盗や自転車盗、車上ねらいの被害などが一昨年と比べて発生件数が大幅に増加しています。
 数ある防犯対策の中で、一番大切なことは、鍵をしっかりかけることです。
 鍵かけは、ある特定のときだけ特別に行うというものではなく、毎日当たり前のように習慣として行う必要があります。 
 一人ひとりが防犯に関心を持ち、きちんとカギ賭けを行うことにより相当数被害を防ぐことができます。
犯罪情勢など(305KB)
一宮署校区別(197KB)
西成連区(554KB)